吉野は有数の桜の名所である。

大阪に単身赴任した思い出に、ぜひ描いてみたかった場所である。

やっと見つけた絶好の景色をスケッチしたが、ものすごい数の観光客の群れは、そこでの着色作業を許さなかった。

仕方なく退散しようとすると、私の後に居た男性が「絵を描くならやっぱりここですよね」と言って早速描き始めた。

この絵に関するお問い合わせ
Contact about this painting

  • Size B2
  • Type Watercolor 水彩
  • Year 2012